直接訪ねる

並んだアパート

日本中には沢山のアパートやマンションが点在しています。
それらの物件情報を大量に取り扱っているのが大手不動産会社です。
大手不動産会社は全国各地に支店を持っているので全国規模のネットワークがあります。
遠くの県にある物件でも借りることができるというメリットがあります。
インターネットに掲載してある賃貸情報も、ほとんどが大手の会社が取り扱っている物件です。
ネットがあれば自宅で賃貸アパート探しができます。
地方から都内に上京して一人暮らしをする予定の学生も、大手の不動産会社を利用すれば物件情報を取り寄せてもらって契約することができます。
また、大手の会社だと違法な仲介手数料を取られることもないので安心して利用できます。

不動産会社を利用するときには、あらかじめネットで気になる物件を最低3件くらいピックアップしてから行くことをお勧めします。
何も情報がないまま行き当たりばったりで行ってしまうと、希望にそぐわない物件を紹介されてしまうこともあります。
また、不動産会社に行くときには下見をすることを考えて、「下見のチェックポイント」をメモしておくと便利です。
チェックポイントは「日当たり」「眺望」「騒音」「治安」「収納スペースの広さ」など沢山あります。
下見はそんなに時間をかけて行うものではなく、大抵は5分くらいでさっと終わるものです。
その場でチェックポイントに沿って指さし確認するようにすると、短時間でも効率的に下見ができます。